ウクレレのうんちく

うんちく1

ウクレレは1880年代にハワイで発明、ポルトガル人が移民によってハワイに運ばれ、マチェーテという道具から生まれたと考えられています。

うんちく2

ウクレレは8の字型をしているのでアコースティックギターのように見えます。ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンの4つの異なるサイズがあり、一般的にはソプラノがスタンダードサイズのウクレレだとされています。

うんちく3

ウクレレには特殊なサイズもあります、ポケットUKEバンビーノ、ピッコロとも呼ばれる小さなウクレレが存在します。最大サイズとしてのウクレレベースがあります。

うんちく4

スタンダードサイズとして楕円形ウクレレも
存在し、これはパイナップル
ウクレレと呼ばれています。

うんちく5

1968年、Tiny Timの
"Tiptoe through the Tulips''のために
ウクレレが造られ、その曲は
トップ・ミュージックチャートに上りました。

うんちく6

ウクレレは基本的には4弦仕様ですが、6弦、8弦ウクレレも存在します、この仕様はtaropatchウクレレと呼ばれます。

うんちく7

初めて月面着陸した人物、ニールアームストロングもウクレレ愛好家だったようです。実際、帰還後検査のため数週間隔離されていた時もウクレレを弾いていたようです。

うんちく8

ビートルズのジョージハリソンは
100個ほどのウクレレを
コレクションとして所有していました。
彼はよくファンに
プレゼントとして渡していました。

うんちく9

最も人気のあるウクレレソングは
Jason Mrazの「I'm Yours」です。
2008年ビルボードホット100内に
合計76週間チャート入りした
ヒットソングです。

うんちく10

イズラエル・カマカヴィヴの「虹の彼方に」、Trainの「Hey,Soul Sister」、ブルーノ・マーズの「Count On Me」など、その他の有名なウクレレソングを聴いてみてください。

ウクレレのうんちく

ウクレレは1880年代にハワイで発明、ポルトガル人が移民によってハワイに運ばれ、マチェーテという道具から生まれたと考えられています。
「ウクレレ」ハワイ語で「ジャンプフリー」と言い表します。
ウクレレは8の字型をしており、アコースティックギターのように見えます。ウクレレには4つの異なるサイズがあります - ソプラノ、コンサート、テナー、バリトン。ソプラノは標準サイズのウクレレです。
特殊なサイズとしてポケットウケ、バンビーノ、またはピッコロとも呼ばれる小さなウクレレが存在します。最大サイズとしてのベースウクレレがあります。
ウクレレの中には楕円形も多く存在し、これをパイナップルウクレレと呼ばれます。
ウクレレは基本的には4弦仕様ですが、6弦、8弦ウクレレも存在します、この仕様はtaropatchウクレレと呼ばれます。
初めて月面着陸した人物、ニールアームストロングもウクレレ愛好家だったようです。実際、帰還後検査のため数週間隔離されていた時もウクレレを弾いていたようです。
象徴的なバンド、The BeatlesのGeorge Harrisonはウクレレファンで、何百ものコレクションを所有。彼は時折ウクレレを友達に配っていました。
1968年のTiny Timの 「Tiptoe through the Tulips」という楽曲にウクレレが取り入れられ、音楽チャートトップに入りました。
最も人気があり、最も売れているウクレレの曲は、2008年にJason Mrazによる「I'm Yours」でした。この曲は、合計76週間Billboard Hot 100チャートに載っていました。
その他にもイズラエル・カマカヴィヴの「虹の彼方に」、Trainの「Hey,Soul Sister」、ブルーの・マーズの「Count On Me」などが代表曲として知られています。
今現在のウクレレ弦はナイロン弦です。初期のウクレレ弦は猫や羊の腸から作られていましたが、専門店に行くと見つけることができます。

MAHALOは総出荷数世界一!
ウクレレブランドとして認知されています。