マハロニュース

2011年3月に東日本大震災が襲ってから8年が経過し、少しずつ地域が回復しています。この目的のために、多くのアーティストが復興支援するために時間を作って志願しています。

その一人が、アマチュアギタリスト兼シンガーで、1995年の神戸地震の生存者でもある岩本慎吾氏です。岩本氏は2011年から神戸と大阪周辺で募金活動を行い、ギターやウクレレを地元の学校に寄付するために購入しました。

彼の目標は地震で荒廃した地域の人々をウクレレを通して音楽を楽しんで元気づけることです。

この目標のために、この地域の多くの学校や施設を訪れ、初心者にウクレレの演奏方法や音楽の素晴らしさを教えています。

MAHALOウクレレは岩本氏のボランティア活動を支援し、地元の人々の顔に幸せな笑顔を戻すことに誇りに思います。

MAHALOは総出荷数世界一!
ウクレレブランドとして認知されています。